« 豊島区家庭教育学級(乳幼児コース)お金の講座 1回目 喜ばれました | トップページ | クチコミされて嬉しい »

2012年1月23日 (月)

ようやく一息です

年末年始の多忙期を駆け抜けて、やっと一息ついた1月終盤です。

毎年のことながら気力と体力勝負・・加えて新年早々の講座の構成もあったしね。なんてことなく普通のことを普通に進めているように見えても水面下では、パタパタ努力しているもので、どの業種もそれなりの勘所があり、はずせないことがたくさんあるものです。

そんな訳でようやく一息ついたら、1年ぶりに風邪の症状。声も変わっておらずそうひどくないので、市販薬を飲んでいれば相手に気付かれない程度のもので。何だかすべて仕事仕様にできているのねとあきれます。

12月には、母とAnちゃんと娘の3人で故郷北海道に4日ほど滞在しました。スキーに親戚まわりに墓参りに母の旧友巡りに親孝行も親がボケないうちにねと、まぁそんな旅。出生地は豪雪猛吹雪の過疎の町、相変わらず一面の雪でした。父が35年前に離農の決断をしてくれなかったら違う人生でしたね。その後は、今やすっかり有名になった旭川生活が長かったAnちゃん。思い出いっぱいです。旭川でぶつぶつ言いながらも国内最大手生保の事務員を定年まで続けてるのが予定通りの人生だったのにね。様々な決断を重ねて行動した結果、今や東京都内に事務所をもって東京の人を相手に日々お話してますが、45才になって最近思うのは、タイミングとか運とか決断とか行動とかの大切さです。家族の楽しく充実した様子に接したり、同業者や旧友や仕事仲間からも良かったよねと言われたりする度に思うのは、あの時こんなふうに判断してこうしていたら今の自分は無いなといういくつかの分岐点。

Photo_3 Photo_4

講座でよく、キャッシュフロー表を改善するには・・収入を増やす、というのが一番目であるということを言います(=FPテキストより引用)。受講者には、ご自分のこととして具体的に考えて行動に移せるように、夢目標キャリアマップを作成していただき、それを実現させることによってご自分の家庭の将来のキャッシュフロー表がいかに改善するかを確認していただきます。

講座受講後に即、働き出した人も何人かいらっしゃいます。保育所の関係でそれが出来なくても、一息ついたら絶対に収入を得ようと決意される方が大多数。専業主婦を続ける方も趣味でも教養でも、今一度自分のしたかったことを始めようと決意されます。

Anちゃんは、FPテキストに書いてあるから収入を増やすことの大切さを説いている訳ではなく、自分が経験して決断と行動の大切さを体感しているから、なおさら熱く伝えたい部分なんです。

子供に振り回されているうちに10年くらいすぐ経って、行動できない言い訳はいくらでも浮かんできます。

でも、女性も自分の人生を能動的に楽しんでほしい、心からそう思います。

元気で楽しそうな母親を見て、子供も伸び伸びと成長しますからheart

penguinpenguinpenguin

|

« 豊島区家庭教育学級(乳幼児コース)お金の講座 1回目 喜ばれました | トップページ | クチコミされて嬉しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 豊島区家庭教育学級(乳幼児コース)お金の講座 1回目 喜ばれました | トップページ | クチコミされて嬉しい »