« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月25日 (木)

業務多忙

業務多忙な今日この頃・・

ありがたいことです。でも、手帳のスケジュールにもあまり余裕が無いので、ミスは許されない状態。ミスすると、その解決に時間がとられてしまうから。携帯電話で話していると、事務所電話が鳴り・・お客様先では、ニーズを事前ヒアリングのうえ綿密に準備をして訪問しているため、本題の話しがどんどん深くなり、次のアポにぎりぎりな感じになってしまいます。

背景には、相談者の真剣さがあると思います。

最近、インターネット経由で新規にご相談いただくお客様が多く、みなさん真剣に保険の点検や見直しを希望されます。同種でも何社かの生命保険商品をシビアに比較して、費用対効果を検証し、メリットがあれば換える。住宅に次ぐ高いお買い物ですから、保険は。掛け捨て死亡保障など、節約できるところは節約して、貯蓄効果の高いものにシフトすることによって、老後の余裕度に違いがでますよね。

みんながシビアになることが、良いことなのかどうかは別として、お客様の意識の変化を肌で感じています。

相談ごとがある方は、事前に状況やニーズを確認させて頂いた上で、7日~10日後に面談させて頂いております。

| | コメント (0)

2010年2月16日 (火)

評価を受けて改善しています

自分の仕事に対する評価って、受ける機会ありますか?

あれは、新入社員だった20代・・あの頃は確実に評価を受ける仕組みがあって、しかも若かったからフィードバックしつつ指導してくれる管理職やお局先輩がいつも傍らにいました。懐かしいなー。チームワークを大切にしながら最大のパフォーマンスを求められる仕事だったから、適切で大変厳しい指導のもと、若かったAnちゃんは目覚ましく成長していたと思う。

その後、完全成果主義の営業職種になると、結果がすべてで、プロセスや真面目さや強いては人間性も問わない状態だったから、仕事に対する評価は営業成績のみ。人としてのベースを勘違いしている人は長く良い結果を出すことが出来ないから、次々に脱落。

最も悲惨なのは、就職難のおり、一流大学卒の新卒女子が背に腹は変えられず、毎年大量に入社してくるのだが、新卒の社会人教育もなく、いきなり販売商品教育だけして、ハイ営業。で、結果を毎週毎月求められる。親に大切に育てられ、しかられたこともないような女子達なので、ほとんど残らない。もったいないです、本当に。

今、Anちゃんの子供達が、まさに就職やら大学入試に直面しています。余裕の無い社会や会社や先輩の中で、どんな仕事に就いたら自分自身も成長できて、やりがいもあって、社会に貢献できるのか、想像することすら大変な時代になりましたね。はたしてその会社にずっと居られるかもわからないですし。自分に力をつけるしかないんでしょうね。その会社を離れたときにも応用できるような力を。

自分の仕事に対する評価を受ける仕組みがあったら、最大限に活用し謙虚に受け入れる。仕組みがなければ、自分を客観的に観察し、聞くことができれば上司やお客様に率直に聞いてみる。気付きや改善や工夫の積み重ねが、自分自身を大きく成長させると思います。だんだん年をとってくると、この謙虚に受け入れるという部分が難しくなりますよね。素直さや謙虚さにおいてはいつまでも20代で、ですよね。

年明けから本格的に取組んでいる、『ママ向け講座』。

連続講座のメリットを最大限に活かそうと、内容の充実度は当然のこと、楽しさや明るさ、話しかけやすさを大切に運営していますが、参加者の評価をマメに頂いては改善を加えています。手前味噌ですが、かなりバランス良く満足度の高い講座になりつつあります。ご協力者達の応援があってはじめて実現できた今回の講座、とてもやりがいがありますし、Anちゃんにとっても一大ターニングポイントになりそうです。4/22の最終回まで毎週しっかり愛情込めて取組みたいと思います。お陰様でその後も講座のオファーが来そうな気配。参加の皆様から本業のほうへのご相談もあるでしょうし。今年は本当に忙しくなりそう。しっかり頑張ります。

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »