« ベタに接することを | トップページ | 生命保険セミナー2回目 »

2009年2月23日 (月)

メンタルヘルス対策

最近、保険代理店業のお客様とお話ししていると、お客様自身もすっかり管理職になっていて、最近は何が一番業務ウエートを占めているかというと

メンタルヘルス対策だそうです。

製造業の研究職あたりは、かなり深刻ですね。入社してきた新人男子に、気を配り、話しかけ、心をくだいて成長を支えるそうです。自由な発想で仕事をしろと言っても、指示される以外のことはまったく出来ないそうで、何か言うとキャパオーバーで殻にとじこもってしまい強く言いすぎると精神状態があやうくなるそうです。

中堅どころは、仕事のことだけではなく、夫婦や子供や親の介護など、家族の問題が大きな悩み事に発展し、1人悩んで心の病になるケースも多いそうです。部下の表情が暗かったら、とにかく呼び出して話しを聞く、ただただ聞く毎日だとか。仕事で大きなミスをした次の日に出社が遅れたら要注意だそうで・・ひどく真面目な人が多いのでしょうね。

先日ある人にキッパリ言われた

Anちゃんは、AAだよね~絶対。

その会社は、新入社員のストレス耐性度を診断して、育成やメンタルヘルス対策の参考にする制度を導入したそうで・・

ストレスに強いかどうか、と、ストレス対応力(ストレスを解消する力があるか)という2項目をA(最強)からE(最弱)判定する。

ふん、余計なお世話だ。ちなみにストレスは感じたこと無いです。苦しいとか逃げ出したいとか被害者意識のついてまわるような感覚に陥ったことは無いですね。ただ、いい意味での、負けてなるもんか的な感覚は好きなので、積極的に楽しんで挑戦しては自分自身の頑張れるレベルを上げてきた感じです。けっこう頑張れるようになっているみたいで、最近は何が起こっても動じないです。

自分はAAですっきり生きているAnちゃんですが・・どうも、周りの人は、そんなAnちゃんのせいでストレスにさらされているのではないかと、ふと気になりますが、どうなんでしょう。はて?

|

« ベタに接することを | トップページ | 生命保険セミナー2回目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベタに接することを | トップページ | 生命保険セミナー2回目 »