« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月28日 (金)

費用対効果あり

プレスリリースをうつことにして、専任コンサルタントの方と話しをしてみると、頭の中がすっきり整理できました。

訴求ポイントについて裏づけとともに挙げてみる。これだけでも費用対効果あり。なるほどね。Anちゃんはよくお世話になっている社長たちに、若い人の話をきいたほうがいいですよ。ビジネス上の情報を自分で仕入れたほうがいいですよ、と言っている。

この局面に来て、業績悪化で苦しんでいる業種の社長さんもあちらこちらにいらっしゃる。

しかし本当は、時間にも心にも余裕のあるときに、余裕が無くても計画的に、翌期以降の仕掛けをしていかなければ、業績は後退していくと思う。景気や少子化のせいにしているうちに10年あっという間にたってしまう。そして今、食べているビジネスモデル自体がまったく陳腐化する。社長が変化や新しい意見を取り入れることをこばんでいると、社内にいる後継者も中堅社員もチャレンジ出来ない。

人をきったり、経費を圧縮したりすることがリストラではなく、まさに事業の再構築であると思うのだが、過去の成功体験がじゃまをするのか、いい時代を過ごした経験が頭にあるのか、年齢のいった経営者はなかなか動かない。

ビジネスのスピードは、加速度を増して速くなってきている。もちろん、短期間で大成功を収めてパッと散るようなビジネスでは、何にもならないが、時流にあっていて世に認知され、進化させながら長く成長できるビジネスを・・。そしてそこに人が喜ぶ姿を必ず入れたいと、心から思うのです。

| | コメント (0)

伝えたいこと

密かに決めていることがあるんです。

でも、Anちゃんが勝手に決めてるだけだから、相手には、そんなそぶりさえ見せていないし、そもそも電話で2年に1回程度お話しするだけで、以前に会ったのは8年前。だから、相手は絶対そんなつもりもないし驚くと思うけど・・

新規事業部 『会社deマッサージ』が、忙しくなったら、彼女にお任せしたい・・と考えているんです。生まれた日がAnちゃんと2日くらいしか違っていないから、同じ 丙午(ひのえうま)。

そんな話しをいきなりしたら、驚くだろうな~ふふふ

お客様の奥様。。

まぁでも、ちょっと家が遠いし実際には無理かも。でもでも、早く伝えたい、Anちゃんの思いを・・

| | コメント (0)

2008年11月27日 (木)

顔こわ~い

さっき携帯にかかってきた電話、新規事業部アルバイトスタッフ ウルトラマン。

「○○です。あ~社長の声、聞くと元気が出ますね!」(うまいなぁ、さすが年の功。だいたいAnちゃんのこと社長なんて呼ぶのは彼くらいだ。みんな按田さんだ。まぁそう呼んでと言ってるんだけど)

それにしても、「按田さん声をきくと、元気が出ます!」って、すごく嬉しいフレ~ズ。確かに、お客様と久々に電話でお話しするとよく言われる。そのたびに嬉しい。

そっか、社長はいつも元気を与えられる人でいなきゃいけないよね。そして、いち営業マンAnちゃんも。

メールが多くなってる今日この頃、笑顔が少なくなってるかも。危険だ。

鏡を見ながら笑ってみるが、笑顔が何かへん・・おかしいな。毎日にっこり練習してみますか。

そういえば、さっき、新規事業部『会社deマッサージ』のビデオチェックしてたら、チラチラ映っているAnちゃん、顔こわ~い。ビックリしました、本当に。『会社deマッサージ』実施風景をお客様の会社で撮影させていただいたのです。で、レーコちゃんが撮影してくれたし、お客様は2組施術受けてるしで、安心して受付テーブルの上を片付けたり進行チェックしてるAnちゃん、こわかった。だめだめ、40才過ぎたら周囲を不快にさせないように、色々気を付けないとねっ。そうか、こんなんじゃ、一緒にいる時間の長いレーコちゃんは、つらいかも。そういえば、Anちゃんが話しかけるとビクッとするんですけど・・

笑顔、笑顔、爽やかな笑顔 happy01

| | コメント (0)

プレスリリースを打つことにしました

新規事業部『会社deマッサージ』のプレスリリースを打つことにしました。

専用ソフトにて配信するため、媒体担当者の開封状況もリアルタイムで解るらしい・・どんどん新しくなっていますね。そこはインターネット系ニュースにも自動配信してくれるから、ウエブ上に残って、キーワード検索でヒットしやすくなるというオマケもありそう。

無料コースも有りましたが、せっかくなので勉強も兼ねて、コンサルタントが訪問して来てくれて、専任のライターが3回もリリース書いてくれる、付加価値つきかなり割高コースにしてみました。

早速、明日の午前打ち合わせ。heart01

| | コメント (0)

2008年11月25日 (火)

接触回数を増やすツール

人は7回会ったら、相手を信用するとか・・本で読んだことがある。

最近は、新しい出会いが次々にあって、7回なかなか会いに行けない。

ニュースレターやメルマガやブログは、接触回数を増やすツールになってくれると思う、間違いなく。5年前はまだその手のものを一般の方が活用出来ていなかったように思います。Anちゃんも実は、パソコンのメールすら送れなかったのです。営業といえば、顔を出すこと!っていう活動スタイルでした。ですから、体力勝負の接触回数稼ぎでした。あの頃は、まだ体力あったな~

保険代理店HITSは、メルマガまでは出来ていませんが、「HITS新聞」というニュースレターを1.5カ月に1回程度発行し、持参できない方には郵送しています。対象は、個人の既契約者と親しい見込客や名刺交換させて頂いた方、協力者など。その他に既契約の中小法人の社長や幹部や顔見知りの従業員様には、定期的にAnちゃんが持参しています。

そして、新たにお知り合いが出来るとまた、許可を得た上でお送りしている。そんな形で当方にとってはさほどの負担増にもならずに、接触回数を増やすことによって、思い出して頂ける回数が増えているようです。何だか嬉しい循環になってきました。

このノウハウは、うまく回りだしたら新規事業部にも導入しようと思います。アナログとデジタルの掛け合わせ・・進化させてより楽しく喜ばれるものにしていきたいと考えます。そしてそれによって、雇用も生み出せますよね・・楽しみです。

| | コメント (0)

2008年11月20日 (木)

バシッと自分に

営業職の醍醐味は、

まったく知らなかった人が、自分を信頼してくれて、心を開いて相談ごとをしてくれる。そんな関係になれたぞ!というとき、うわぁ、すごいな~これって・・と、じんわりこみあげてくる感慨。他の職種では味わえないですよ。

Anちゃんは、これを何とかパッケージ化、細分化したい。

そして、ここのところ新たな取り組みを始めてる。試してみると予想外の結果が出るからオモシロい。同業者に話すと、え~っ、と、なる。時代は、変わっているね。

まだまだ頭がかたいので、ここでバシッと自分に一撃入れるため、マーケッテイング系の経営セミナーに参加してきます。目からウロコの何かがあるかも・・楽しみです。

| | コメント (0)

2008年11月14日 (金)

世知辛い世の中

ここのところ、お客様が

入院したり、手術したり、いきなり がん告知をされたり、心筋梗塞で・・何だか多いです~。季節の変わり目だから?かもしれませんね。Anちゃんの経験上。

やっぱりお客様の年齢が上がってきてるからかもしれません。そりゃそうですよね、10年お付き合いしていれば、50才だった方は60才に、60才は、70才ですから。

で、それまで何度か「がん保険」やら「医療保険の増額」やら、「経営者保険」やら、必要だからとお勧めしても、保険は好きじゃないしぃ、、と、拒み続けてきたくせに・・そういう方に限って、いざ病気になると、、何とかならない??

何とも、なりませんから!

自営業者、経営者の方は、大好きな 『誠実』という言葉を全うするために、お客様や従業員や家族や取引先や借入先に不義理をしないために、必要な保障は確保しておきましょう、健康で少しでも若いうちに。。

社長が倒れると、売り上げ減。従業員は動揺。借入先の態度は急変、資金を引き上げようと動く。仕入先も取引条件を変えてくる、支払を早めるよう要求される。後継者が育っていなければ、事業の存続もあやぶまれる。

万が一なんて、あってほしくないものですが、その最大のピンチに最も役に立つのは保険なのです。資金の補填があれば例えば社長ががんで長期入院しても、死亡しても、何とか、会社の業績が元に戻る何年かを従業員の給料も払いつつ借入金も返済しつつ、維持することができます。そんなときに銀行はお金を貸してはくれません。

万が一に対して、万が万 の保険も最近は力を入れてお勧めするようにしています。

万が万 の保険って、どういうことかといいますと、、人は必ずいつか亡くなります。

その亡くなるいつか、に、必ず保険金が払われる保険。そんなのあたりまえって思われるかも知れませんが、一生保障のある終身保険に加入されている方って以外に少ないものです。

社長さん達はもちろんのこと、サラリーマンで定年退職される方も、相続ではなく争族(=例えば子供達が、親の残した相続財産をめぐって争うこと)対策に終身保険の活用を考えられたら良いと思います。

現在の団塊世代の方のモデルパターンは、自己所有の一軒家があって、年金が受給できて、退職金も受取れて、老後を夫婦2人で悠々自適に過ごしたいが、医療保険制度も不安、介護も不安、そのためにお金を残しておかないと。子供が2人いて、もう30才前後だが、老後の面倒をみてくれるほどの経済力は無さそう。まして、独身の子供や、社会的・経済的に自立していない子供、をお持ちの団塊世代も非常に多いのです。

子供が例えば2~3人いたら、親の相続の際にはごく普通の元サラリーマン家庭でも、残された家や土地をめぐって、均等に財産分けするべきだと各人がゆずらないことになるでしょう。具体的には、分けられない大きさの不動産は、誰か1人が相続し、他の相続人は相応分の現金をもらう、とうのが一般的な円満解決法です(これを代償分割といいます)。ですから、親は相応の現金もきちんと用意して亡くならなければならない。さもなければ、家土地を急に売却して現金化し、相続人が、均等に分ける。しかし、その家に相続人のうちの誰かが居住している場合、その後の住居確保の問題もあるので、売却するわけにもいかない。

ひと昔前は、長男が親と同居して面倒をみて、当然にその財産も引き継ぐ、という慣習でしたが、今の時代は嫁にいった娘までが相続財産を均等に分けることを主張します。

こんな時代ですから、ごく普通の方にとっても、相続(争族)対策に終身保険を活用することをお勧めします。保険金の活用方法は、他の相続人に対する代償分割交付金の財源です。再度解説しますと、親の相続によって例えば、3000万円相当の家土地を同居していた長男夫婦が受取った。次男と長女は、生命保険金を3000万ずつ受取った。円満に相続できた。ざっくり言うとこういうことです。

世知辛い世の中です。

何にでも使える終身保険。貯蓄効果も高いので、取り崩して年金のプラスオンにも使えますし、急な入用にも活用できます。保険は、少しでも若くて健康なうちに加入したほうがお得ですよ。

それにしても、まったく 世知辛い世の中です。

| | コメント (0)

2008年11月13日 (木)

環境は人を変える

娘キューティーPの公開授業に行ってきました。高校生ですよー、平日の午後ですよー。なのに、すごい保護者の数。3分の1は、出席していました。駅からのスクールバスも超満員。

通常の授業をじ~っと立ちっぱなしで、ただひたすらに参観させていただく。Anちゃんは、ガラス張りになってる廊下から不真面目に参観。そういえば、キューティーPの授業受けてる風景なんて、いつ以来?小1か2くらいから案内もらってないな、たぶん。進路指導の3者面談のたぐいは、さすがにプリント手渡されてたけどね。

お嬢ちゃん学校に行くと人種まで変わったようだ、キューティーP。環境は人を変える。好き勝手してきたO型、社会性を身につけつつある。

| | コメント (0)

2008年11月12日 (水)

即実行

昨日は、友人の女性経営者と長丁場で、あれこれと情報交換会をした。8時間弱、ずっと会話はつきないbell・・すごいでしょ。本当に有意義な時間。今日から即実行!動き方、変えてます。run

決めました。ここのところず~っと言われたんです、もっと本気で働きなさい(=稼ぎなさい)と。

本業だけでこのままHITSを継続するのではなく、楽しくてまだまだ世の中に出回っていなくて、喜ばれて雇用も生み出せる新規事業をHITSにプラスオンし、本業との相乗効果を結果として数字で出したい。そして大前提、私自身が愛情を持って取り組めることって、何だろう。通常どおり稼ぎながらも、勉強したり研究したりあちこち見に行ったり人に会ったり考えたり・・たどりついたのが、会社deマッサージ

商材を決めてからも、がっつり時間も手間もかけています。まぁ自分で産んで育てて食べさせてと・・シングルマザー子育てのようなものですね。

そんなわけで、ようやく商品になったので、ここでまずは一段落。次のステップは、本業の業績を現状の1.5倍にすること。しかも、新規事業のターゲット先と重なるように調整をかけていく。楽しみ~

本業も新規事業も、仕入れ無料、販売経費もほとんどかからないサービス業なので、現状の利益率を維持しつつ、無茶せずに優良顧客を獲得し、リピート率を高くもっていきたいと思います。そのためには、顧客満足度を上げること、この一言につきますね、経験上。サービスの質をおとさない、フォローの継続、キャラで楽しんでもらう?何だか好きなんだよね、また会いたいよね、という部分は非常に大切だと確信しています。

口の悪い友人にも言われました。大きな借金でもしてみたら?ビルでも買ったら?そうしたら猛ダッシュで稼げるよ、って。まったくぅpout

という訳で、そろそろ本気だします。airplane

| | コメント (2)

2008年11月10日 (月)

常に勉強、勉強なのです

保険代理店経営の生命線は、クライアントが不足の事態に、お金で困らないように保険を活用してリスクヘッジできるように解りやすく提案・説明する能力が有るか、また、それ以前に信頼を獲得できているか、というところにある。

中小法人向け提案には、税制の改正もタイムリーに学んで咀嚼して、解りやすくクライアントに説明出来なければならない。法人税、住民税、相続税、贈与税、民法が複雑に絡み合っているから難解、かつ、クライアントによってケースバイケース。

よって、常に勉強、勉強なのです。これでも。

最近はしょちゅう税制改正がありますから、10年ほど前からコツコツと取り組んできた法人の保険活用についての勉強と提案も、ますます充実してきました。

まして、自分で株式会社を経営し始めてからは、より経営者脳になってきたので、キャッシュフロー→運転資金→未来投資→節税の順番だよね、みたいなことがよ~く理解できてました。すごくいい感じで楽しいのです。

先日も、お客様になって頂いて9年目のある社長とランチ・・。按田さん、家族を養って教育費かけて、人も雇って事務所も維持して、いやぁ~すごいね。顧客の獲得から自分で始めて、形になって稼げて成長させているなんてたいしたものだよ、無借金でしょ、まったく立派だよね。何だか、自分で始めてから、社長達ともグッと距離が縮まった感じである。

さっ、今夜も購入した教材でお勉強しよ~っと。

| | コメント (0)

2008年11月 4日 (火)

素晴しい接客を体感

素晴しい接客に出会った。

完璧なコース料理のような、最後まで味わってお店を出て、家に帰って、やっぱり良かった。すごいよね。というような。

サロン系のサービス業なので、効果にも満足感はあります。といっても即効性を感じるわけでもないから、対価比で考えると満足度は・・60点。施設が豪華?いえいえ、古びたワンルームマンションで・・手作りで頑張っていたから、5点。

何といっても、オーナー女性の接客ですね。ぶっちぎりの120点まで総合得点上がっちゃいますよ。あんなに、手際よく、すがすがしい、きっぱりとした接客に出合ったこと無いです。何のお店かといいますと、、よもぎ蒸し 。by恵比寿。 開業以来ぐんぐん成長中との情報有りで、ぜひ体感したくてレーコちゃん率いて出掛けちゃいました。オーナー女性のことが気になって大好きになって、病み付きになって常連さんになっちゃう構図かも。もちろん、よもぎ蒸しの効用もですが。

人って大切、本当に大切。私があそこにいても、頑張ってみても、ちょっとダメ。客層も違ってきちゃうし。

体感して良かった。今後に活かそう。。そして、また行こう。あのお店heart04

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »