« NHK大学ロボコン2008 | トップページ | オトコマエな »

2008年9月16日 (火)

医療保険・がん保険のお問い合わせが増えています

何だか最近お客様のほうから、保険のお問い合わせをいただくことが多い。何でだろう・・。積極的には考えたくない商品だろうに・・。

1つは、10年選手のお客様方の年齢がだんだん上がってきて、定年が見えてきたり、実際に病気予備軍になったり、知人が亡くなったり、子供さんが社会人になって自分の老後準備、、あ~保険どうだっけ?なんていう動機が多いのかも。

2つめは、HITS新聞というニュースレターを お客様向けにお送りし始めて、半年ほど経ったので、思い出していただく機会が増えているからかも。

3つめには、新聞や雑誌に、生命保険の価格破壊が進んでいて、新興勢力がお得な保険を出しています、と、書いていることも原因か。

やはり、ここ2~3年で消費者の意識が変わってきたと思います。Anちゃんが約4年前に、複数の保険会社の商品を比較提案する新しいタイプの保険代理店を始めます!と、言っても・・都銀勤務の若手のお客様は、そうだよね、もう、これからはそういう時代だよねと、即反応してくれましたが、それ以外の方たちはピンとこなかった感じです。今になってお会いすると、あ、やっぱり正解だったよね、という声が。法人契約は、特に、何社も扱っている保険代理店の方が使い勝手が良いのです。法人サイドにとっては、時間も経費もロスを抑え、目的を最大限に効率よく達成できるわけで。これからは、法人マーケットについては、乗合代理店(=弊社の形態)が主流になりますね。

話しを個人保険にもどしますが、保険商品は、目に見えないので、何をどんなふうに選んだら良いのか、よく解りませんよね。とりあえず加入した では、本当に必要なときにしっかり役に立つのか、今ひとつ自信がもてないのではありませんか?インターネットでクリックして申し込んだ・・本当にあれで良かったのか、ちょっと不安・・安心を買ったはずなのに、不安になってしまうなんていう不思議なことも。世の中にたくさん保険会社があって、類似商品があふれているから、選んだ保険会社や商品に対する不安はつきないですよね。

自分が選んだものを肯定したい。少しでも節約したい。自分は死なないから保険は要らない。親もまだ現役だから、もしもの時には頼ればいい。自分が死んだ後のことなんか知らない、妻が何とかするだろう。自分が死んだら子供の教育はあきらめてもらう。入院なんかしない。貯金するから保険は要らない・・・保険に関して、持論や本音?をおっしゃっていただくことが多いのですが、本当にそれで良いですか?と質問させていただくと・・答えにつまる方が多いです。

不安を安心に換えるための保険です。

保険は、保険に詳しい良心的な人(=Anちゃん)に相談してくださいねっ。happy01 いつでも最善を尽くしますので。

|

« NHK大学ロボコン2008 | トップページ | オトコマエな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NHK大学ロボコン2008 | トップページ | オトコマエな »