« SMAP 2008  in 東京ドーム | トップページ | 色々な人から電話をいただく »

2008年9月29日 (月)

生命保険=愛情

Anちゃんが 60才で死のうが、80才で死のうが、100才で死のうが 子供2人にそれぞれ 500万円ずつ払われるような、終身保険(=生命保険)をベースに保険は組み立てている。その他いろいろ目的別に加入しているが、やはりこれが最終最後の生命保険なのです、Anちゃんにとって。

「ご迷惑おかけしました、元気で自分の人生を楽しんでね。」なのか、「今までありがとう、楽しかったよ。」なのか、その時にならないとわかりませんが。貨幣価値が変わっていたとしても、やはり、Anちゃんにとっては意味のあるものなのです。

乗り物に乗っていて 「あっ、やばっ」と思った時とか、乳がん検診で大至急精密検査と言われたときとか、子供達の教育費があといくらで、貯金がいくらで・・なんてふと考えるとき、必ず、今、死んだらいくら死亡保険金が払われるか、ぱっと出てくる。この部分は、定期保険(=一定期間だけの掛け捨て死亡保障)に加入して必要額を確保している。

話しをAnちゃんに置き換えてみましたが、やはりこんな理由で、生命保険に愛情を込められている方がほとんどだと思います。「子供にこれだけは残してあげたい」。もちろん。現金や不動産など他に残せるものもありますが、でも、いつまで生きるかわからない(=老後生活費の累計がいくらになるか予測できない)、また、医療費や介護費のために資産を使い果たしてしまうかも・・、とかく不確定要素ばかりで安心できない。だからやっぱり生命保険なのかな。

『生命保険=愛情』 ですよね。

と、再認識させられることがありましたので・・書きました。

|

« SMAP 2008  in 東京ドーム | トップページ | 色々な人から電話をいただく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SMAP 2008  in 東京ドーム | トップページ | 色々な人から電話をいただく »