« チャンスを活かしましょう | トップページ | 声がかかる »

2008年5月29日 (木)

社長の子

地下鉄で移動中train

かなりお嬢様系S学園の小学2年生くらいのお嬢3人と一緒になった。

けっこう気が強いdash

カバンから、今日返されたテストの答案を出して、お互いに見せっこしようとガサガサしたら

隣に座っていたAnちゃんの目の前に、漢字の書き取りテストの答案が舞いおりたpencil

恥ずかしそうにするリアクションは本人のみ、別の子は、「まぁ、100点のテストだから(他人に見られても)良かったけどね」だって。

もう一人は「だいたいみんな100点だったよ、でもね、ここの所長っていう答えのところは、何だか解らなくて 社長って書いてたよ、○○さんも△△さんも・・みんなだよ。わかんないよね、なに?所長って。みんなが言いに行ったから、先生も結局、社長でマルにしたんだよ」

すごいでしょ。

たいがい、社長の子供だから、所長っていう微妙な役職、知らないよね。gawk

所長も課長も主任も知らないよね。despair

|

« チャンスを活かしましょう | トップページ | 声がかかる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チャンスを活かしましょう | トップページ | 声がかかる »