« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月15日 (金)

心のきれいな人

時間があれば、すかさず活字を読んでいるAnちゃん。新聞2誌、ビジネス書、ビジネス系雑誌、保険業界系お勉強雑誌、小説その他なんでも。

1日2時間の通勤電車でも、寝る前にも、お風呂でも・・って感じです。

テレビは、連続ドラマを見ることはまったく出来ませんが、ほんとに時間のある時にプラッと見る、再放送サスペンスドラマも好きです。なんかオチのあるコントみたいで、解りやすいんですよね。

Anちゃんが最も好きなのは、よしもとばなな さんの小説、なんです。

どうして好きなのかというと

登場人物の 心が とてもきれいだから、なんですね。

作品は何度も何度もほとんど読ませていただいてますが

作者自身が普通の勤め人の経験をされていないからか

主人公たちは普通の会社でバリバリに働いている設定にはなっていなくて。

感受性が強くて繊細で、人を癒したり、癒されたり、死と生の間で行ったりきたりしてるような、そんな設定が多いです。自分の身体や心とむきあったり、自然界のものにたすけられたり。

先日あるビジネス系雑誌に載っていたどなたかの名言!

いい人とだけ付き合いなさい。おかしな人と付き合うのはまったくもってパワーと時間の無駄。

いい人を瞬時に見分ける能力をつけなさい。それには、たくさんのいい人を見ることです。そうすれば、おかしな人を見たときすぐわかります。

これ、Anちゃんの場合は

いい人→ 心のきれいな人 に置き換えています。

たぶんずっと前から、そうしてます。

仕事がら一応誰とでも普通に一次会話はしますが、・・・ですね。

つい最近、また、とっても 心のきれいな人 に出会えました。そんな時このうえなく嬉しいんです。shine

| | コメント (0)

2008年2月14日 (木)

若い子パワー

昨日は思いがけず、息子のトゲネズミくん(大2)が金沢から日帰り帰省ー。happy02 嬉しいAnちゃんでした。娘のキューティP(高1)は、真面目に学校に行ったので、BABAとトゲネズミくんとAnちゃんは、3人連れ立ってプラプラnotes

トゲネズミくんは念願のバイトを始めたので、髪の毛も黒くなり、耳のジャラジャラしたピアスも無くなり、すっかりこざっぱりした、いい子になってました。まぁ、メガネは赤いし服もトッポイけど。

あと半年もすると、本格的に就職活動だそうで・・早いものです。

親としては、つい

ト○タあたりに、潜り込みなよー などと つまらない事を言ってしまう。でも、言ってみてから、やっぱり今の発言はAnちゃんらしくないね、と思ってみる。

おっきな会社でちっちゃい部品を定年まで担当するのが楽しいのか、小さいけどスピード感のある会社で、一連の仕事に創意工夫して取り組むのが楽しいのか。そもそも、仕事を楽しもうと考えるのが不謹慎なのか。

でもやっぱり仕事を楽しんでもらいたいな、子供たちにも。

人生は、まったくあっという間に過ぎてしまいます。働けるのは約40年で、もうAnちゃんだって折り返し地点に立ってます。しか~し、もっともっと積極的に楽しむぞ。

若い男の子に接して(何か表現おかしい)パワーをもらったAnちゃんでした。

やっぱ、少子高齢化ってダメですよ。若い子のパワーは絶大ですdog

| | コメント (0)

2008年2月 8日 (金)

建設中のビル

Sinn久しぶりに西新宿を歩いたら

センタービルの向いのかどに建設中の

ど派手なビル。

「東京モード学園」だそうです。

すごっ。shine 写真は夕日があたってます。

| | コメント (0)

2008年2月 6日 (水)

何のためにブログを

このブログをお読み頂いている方は、HPもってたり、ブロガーだったりなんてあんまりいらっしゃらないと思います。

ブログ書いているばっかりに、

Anちゃんは、ろくなこと ないです。sad

各保険会社から「本部でチェックした結果、○月○日のこの表現が不適切(対、金融庁てきにダメ)なので訂正するように」としかられ、訂正または削除のうえ報告しなければならない。

顧問税理士(=弊社役員ではあるが)からは、「○月○日のブログはダメですよ~、家族旅行じゃないですか、経費の領収書とリンクしてますよ。どちらか消してください。税務調査の時はブログ開かれますから。」はいはいと即対応。(この文面も税務調査の前に削除しときます)

お客様のところに訪問すると、「最近ウチに来ないと思ったら、何だか新しいお客さんと親しそうだね~」と軽くいじめられたり。

ブログに登場頂いたお客様に、「いやぁ~初めて読ませてもらったよー。」なんて思いがけず言われてドッキリしたり(お客様には内容によっては事前に了解いただいたり、かなりぼやかした表現をしたりしています)。

メールのやり取り後に初めてお会いした方に、かなり何もかも知られていたり。

ま、しかたがないですね。

----------------

最近の若手経営者や若い会社は、HP+ブログありますよね。

ちょっと前まで、法人に新規アプローチする際には、帝国データ、商工リサーチ、なつかしの紳士録あたりが、事前情報の準備手段でした。設立から間もない伸び盛りの法人は、たいがいこういう物に登場しないので、初回訪問時に、会社案内をいただいたり、社長本人からお話しを伺ってはこつこつ情報を収集し蓄積したものです。

ここ5年くらいで、HPを持っている会社が増えました。よって、営業プロセスとしては、提案までの時間がグッと短縮できます。感覚的には、まったくのロスが少なくなり、提案までの訪問回数も2回は減ります。HPで会社概要、事業内容、グループ会社を確認。社長や役員の年齢構成、懸念事項を推測し、初回訪問時に問題提起し改善策を仮提案できます。

加えて、HPリンクのブログをご自身で書かれている若手経営者もずいぶん増えました。アポイントをとらせていただく前から、創業期のご苦労、会社を拡大するうえでの苦悩の日々や、従業員の誕生日会をひらいていることや、好きな食べ物や子供の年齢までわかってしまいます。営業する側としては、大変ありがたいことです。積極的に話題にはしませんが、ものごとの考え方や会社のムードが推測出来るからです。

しかし、気をつけなくてはならないことは、経営者が超多忙なのにわざわざ時間をさいてブログを書いているのは、まったくの部外者にむけて発信しているのではなく、少なくとももっと距離を縮めたい人(例えば、役員・従業員や、お客様・お取引先)との一層の意思の疎通を図るためなのである、ということです。何も好き好んで自身のプライバシーや文章力を開示しているわけではありません。

匿名ではないブログを読ませていただく際には、書かれている方の気持ちを推し量ることが大切ですね。

Anちゃんも、いつも気をつけてます。

| | コメント (0)

2008年2月 5日 (火)

どんなお仕事ですか

要精密検査で、おっきな病院に行っているAnちゃん。

担当は、熱意と誠意に満ちあふれ、とてもさわやかな、35才くらいの男性ドクター。都立病院だからな~、もろもろ大変だろうな。外科だし、救急外来もしこたま経験されてるんだろうな。なんて、勝手に想像。何といっても大忙しで、さんざん待ったあげく、3~5分面談ですから。余計なことを口にして、ドクターの大切な時間をうばってしまってはいけないと、ごく普通に無口なAnちゃん。

何のみゃくらくも無く、わざわざ、ドクターから質問。

「按田さんは、どんなお仕事をされているんですか?あ、いえ、言いたくなければ結構ですが・・」

グラビアアイドル?そんな答えを期待してはいなかったはずですが。

チャコール系ツイードのジャケットに、ウールの黒ズボンにベルト、立ち襟のシャツ、という格好がおっさんみたいで、この仕事着って、何する人?と思われたんでしょうね。

聞いてから、もしかして借金取り?と思って言葉を濁した・・なんてね。

Anちゃんは今日もひたすら真面目に生きています。

----------------

と、

ブログ記事としてはここで止めようと思ったのですが、その後の会話が いかしてたので、書きます。

「生命保険の代理店経営してます。」「あっ、日本生命とかですか?」・・中略・・

「人の身体にメスを入れたり、血だらけになったり、そんな大変な仕事、私には出来ません。」

「確かに大変です。でもね、これも誰かがしなければならない仕事なんです。」

ねっ、素敵でしょ (^_^) 

| | コメント (0)

2008年2月 4日 (月)

Yuki

-

手前が川越、地平線あたりは大宮の中心部。

途中の白い部分は、田んぼに雪がうっすら積もっているんです。

自宅ベランダは東向きなので

朝陽をあびた、雪景色キラキラでとってもきれいでした。

通勤時に転んだ方、いらっしゃいませんか?

雪&半凍りの歩道は、ベタ足歩行がベスト (^_^)v

by どさん子、Anちゃん

| | コメント (0)

2008年2月 1日 (金)

明るく強くたくましく

仕事がら、すごくたくさんの人の人生にかかわれます。

いつも思いますが、女性は逆境に強い!

むちゃくちゃ困難なことでも、しっかり立ち向かいます。

男性は病気とか死とか失業とか痛みとかに、弱いですよね。

でも女性は強い。障害者になったり、夫が急死しても、がんで厳しい宣告をされても、子供の大ケガでも、すぐに状況を受け止めて気持ちを立て直します。

Anちゃんも、ちょっと、ぐだ~ぁっとしてしまった時に、「あの人も頑張っているんだから、私も頑張らなくては」と、何人もの顔が浮かんできます。

子供や家族に大きな影響力を持つ女性は、明るく強くたくましくあらねばならないのですよね。

| | コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »