« 金沢に出かけて | トップページ | あれれ »

2007年11月 7日 (水)

こんな私でも

主役好きの人って、うらやましいです。

Anちゃんは、子供の時から主役が嫌い、大嫌いです。

しかし、主役を仰せつかることが多くて、困難の連続でした。極度の人見知り、超泣き虫、あがり症、対人恐怖症、表現ベタ、おとなしそうな外見。どれをとっても主役には不向き。。おおぜいの前でのスピーチ、初対面の人との会話も、ましてや営業なんて、まったくハードルが高くって・・。でも人間の潜在能力ってすごいものです。一つ一つ克服しながら40歳を超えたら、ドキドキせずに何でも出来るようになりました。

Anちゃんは、こんな私でも出来たのだから、他の人だったらもっともっと出来るのではないか、と思っているのです。

女性の人生って、人に合わせたり振り回されているうちに、やり直しがきかなくなることが多いのです。経済的に依存して生きているうちに、再就職も困難になったり、仕事に集中しているうちに出産のタイミングを逃したり、頑張りすぎて、心が病んでしまったり。

色んな状況を切り抜けてきた先輩として、役にたちたいんですね。迷ったり悩んだりしてなかなか上手く自分の人生を確立できない、Anちゃんより圧倒的に素質のある女性に。そして、経済的にも精神的にも自由になって、仕事も育児も楽しんで生きてほしい。本来、女性は器用でタフなんですから。

そんな思想で、HITSの将来像を描いているのです。

|

« 金沢に出かけて | トップページ | あれれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金沢に出かけて | トップページ | あれれ »