« ヘッドスパ講座に行ってきました | トップページ | 息子、娘を入学させたい高校 »

2007年3月 7日 (水)

若い創業社長に元気をもらう

昨日は、久しぶりに若い成長期の創業社長夫婦と会って、大変刺激を受けちゃいました。

2代目は多いですが、Anちゃんより若い創業社長でお付き合いさせていただいているのは、このK社長だけですね~。

K社長のすばらしいのは

よくある、ワンマン経営ではなく、初めて従業員を雇ったときから、「組織の構築」と「後進の育成」を念頭においていること。

「若くても、信頼して任せること、任せられることで、人も組織も成長する」という方針である。社長が若いのでやはり従業員も若い。平均年齢は28才である。会社がどのステージになっても、人に任せられない社長をたくさん知っているので、このK社長の言う「会社作りにおける当たり前のこと」を忍耐強く実行するのがいかに難しいことか、Anちゃんも実感している。

13年前の創業時はK社長1人だけ。Anちゃんが出逢った4年前は従業員15名。そして今は、30名。しっかり4人の部門長が現場を運営しています。部下の心情管理まで出来ているから、雲行きのあやしい従業員に対して、部門長に軽く指示し、気持ちを持ち直した頃に「で、最近どぉ」などと一声かけるくらいで良いとのこと。k社長は、時間を割り振りして、家庭を大切にし、趣味も地域活動も社長としての経営勉強もすべて充実させている。そして、会社の成長とともに、目に見えて彼自身も成長されたな~と、感じます。奥様はAnちゃんより年上なのですが、これがまた、すごくタフで美人で前向き。役員業も主婦業も母親業もバリバリこなす。理想的な経営者夫婦なんです。ますます良い会社に成長させてほしいな~

K社長ご夫婦を前にすると、Anちゃんもかなりタフだと思っているのですが、いや・・まだまだ足らん (=_=) と、自覚しました。

よしっ、気合入れるぞぉ~ !(^^)!

|

« ヘッドスパ講座に行ってきました | トップページ | 息子、娘を入学させたい高校 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヘッドスパ講座に行ってきました | トップページ | 息子、娘を入学させたい高校 »