« 手紙を添える | トップページ | 疲れた時には、羽賀研二さんブログ »

2006年12月15日 (金)

どれだけの人と出逢うのだろう

お陰様で、HITSの 第2事業年度を無事終えました。HITSは11月決算、1年目を短めに切ってましたので、今12月、早くも 第3事業年度が始まってます。

思えば、開業してからかれこれ2年弱、、突っ走るというほど すっきりしたものではなく、例えると、未開の地を 簡単な道具を片手に、黙々と開墾してきた そんな感じでしょうか。

やっぱり、北海道に開拓に入った祖先の血なのかしらと 感慨深いものがあります。(Anちゃんの曽祖父の時代に富山から開拓に入ったそうです。Anちゃんが生まれたころは、一面の水田だった生家周辺も もともとは荒れた原野だったのでしょう。)

----

この前、軽く仕事の近況報告したあと 小学校から30年来の一番の女友達から言われた言葉・・ イカシテタ ので。

美由紀(=Anちゃん)は、生涯で いったい どれだけの人と出逢うのだろう・・

どれだけの人に いい影響を与えられるのだろう・・

どれだけの人を しあわせな気持ちにさせられるのだろう・・

----

お客様と営業パーソンという関係ですが

・○○生命の時から契約してくれてるお客様

・○○生命の時は契約は無かったけど、代理店になってから加入したいと言ってくれたお客様

・代理店として新たに営業してお知り合いになって、契約していただいたお客様

すべてのお客様と、いろんなストーリーがあるんです。

一人ひとりのお客様と あたたかな関係を積み重ねていきたいのです。これからも、ずっと・・

|

« 手紙を添える | トップページ | 疲れた時には、羽賀研二さんブログ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110054/13081460

この記事へのトラックバック一覧です: どれだけの人と出逢うのだろう:

« 手紙を添える | トップページ | 疲れた時には、羽賀研二さんブログ »