« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月17日 (火)

教育費リアルレポート

教育費って、かかるものですよね~

以下は、Anちゃんが払っている 年間教育費の推移

子供二人とも、中学までは公立、高校・大学は私立

塾代と、学費、自炊生活費 の合計額 なんです

--------

・6年前(中1)~50万円

・5年前(中2)~60万円

・4年前(中3・小5)~130万円

・3年前(高1・小6)~150万円

・2年前(高2・中1)~130万円

・1年前(高3・中2)~200万円

    -----ここまでの計 720万円

・今年 (大1・中3)~400万円

    -----ここまでの計 1120万円

・1年後(大2・高1)~400万円

・2年後(大3・高2)~400万円

・3年後(大4・高3)~450万円

・4年後(大1)~150万円

・5年後(大2)~150万円

・6年後(大3)~150万円

・7年後(大4)~150万円

    -----ここまでの計 2970万円 ゴール!

けっこう、ビックリ出来る金額ですよね~

その他に、お稽古事や

携帯電話通話料(二人分で、月2万円弱)

洋服、食べ物、家族旅行、イベント、その他お持ち物・・

スゴすぎ~~

-----

今の、40代~50代前半は

泣きながら教育費払っているんです

住宅ローンもまだまだ返済中で

老後の年金もいくら貰えるかわからず貯金しなきゃ

親の介護も目前

リストラ、転職、賃金カットで苦境にたたされたり

でも

ガンバロウ、

ガンバロウ、

ガンバロウ  ヽ(^o^)丿 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

喫煙率の引き下げの数値目標~厚生労働省

   

男性25%、女性5%に…厚労省、喫煙率目標値を設定


 厚生労働省は16日、たばこを吸う成人を減らすため、2010年度までに達成すべき喫煙率の引き下げの数値目標を新設する方針を固めた。
 04年現在で男性43・3%、女性12・0%の喫煙率を、〈1〉男性30%・女性10%〈2〉男性35%・女性10%〈3〉男性25%・女性5%――以下に引き下げる3案を検討している。近く3案を厚労相の諮問機関・厚生科学審議会に示し、年内にも目標値を一つに絞って公表する。
 3案の目標値はそれぞれ、〈1〉「たばこをやめたい」と考える喫煙者がすべて禁煙できた場合〈2〉禁煙に自信のない人を除き、禁煙したい人がすべて禁煙できた場合〈3〉1997年調査の喫煙率を半減させた場合――から導き出した。



[読売新聞社:2006年10月16日14時44分]

---------------------

最新ニュースより、

ちょっと興味深い数字だったので、引用しました。

これも、生活習慣病抑制(=医療費抑制)策 なのでしょうね・・。

上記の数字、女性の内緒スモーカーはもっといると思いますが。

煙草のコマーシャルも,とんと見なくなりましたね~

煙草関係者の方、ますますツラクなるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

相続対策

生命保険に出来ること(=お役に立てること)のベスト3に

相続対策  が入ります。

今、Anちゃんが、提案を求められている事例 (=ごく代表的な事例です)

創業社長と奥様(60代前半)、後継予定の息子(30才、一人っ子)

ご夫婦二人で 裸一貫から、会社を育てて30年

自社株評価が上がってしまい

自然体で10~20年後に、一次相続(ご夫婦の一人目が亡くなること)、二次相続(同二人目が亡くなること)、が発生した場合

息子さんが個人で払わなければならない相続税額は、2回の合計で、2億超

お察しのとおりワンマン社長で、社長が死亡したら会社の経営も?

あまり詳細に書けませんが

相続対策をしておかなければ

ご夫婦で、泥水をすするようなご苦労をされて育ててきた 会社も、資産も、不動産も、全滅します。息子さんは、相続税を払うために、全部たたき売りしなければならないからです。

では、どうすれば良いのか

この場合は後継予定者も、家族構成も明快ですので、対策がたてやすい

・資産を 息子にコツコツ移転しておく(=生前贈与)

・不動産も息子に売却する(=以後の不動産収入も息子に入る)

・相続税納税資金補填用の生命保険の活用(=人が死亡した時にすぐ現金が受取れるのは生命保険であり、払った保険料より受取り保険金の方が多い。また、受取人をあらかじめ契約者の意思で指定できる。生命保険固有の非課税額もある)

---以上の3点は個人の資産家にも当てはまりますが

オーナー経営者の場合は、もうひとひねり出来ます。

ポイントは、

個人所得、法人、相続、贈与  どの税区分を使うかで税額がずいぶん違ってくるからです。相続税以外は、当事者の意思で時期を調整出来ます。これを何年かかけて実行すれば良いのです。

時間を上手く利用し、法人を活用して緊急時の資金確保したものを退職所得で受取ったり、役員報酬額を調整したり、そもそもの自社株評価を下げる工夫をしたりと選択肢はずいぶんあります。

ここで大切なのは、

時間が無くなると 手段が限られる

登場人物が、高齢になったり、病気になると保険の活用に制限がでてくる

相続財産の評価額は年数の経過によって変わる。時々確認をして対策済みでも修正を加える

相続人が複数であれば、どう分けるのかハッキリさせておく。遺言書の作成も検討

----

最適なのは、遅くても今回の事例のお客様くらいの年令で、一度しっかり考えて、根本的な対策を講じておくことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

ヘルシーディナーの会

昨夜は、「おもいっきりテレビ」にご出演の井上先生による、「ヘルシーディナーの会”メタボリックシンドローム(内臓脂肪)にご用心”」に出掛けてきました。(於 「サンシャイン60」 の59Fにあるレストラン クルーズ・クルーズ )

Afu 豊島法人会の厚生委員会主催のイベントです。

お察しのとおり、裏方は法人会の役員さんとAFLAC(アメリカンフミリー生命)の担当者、他生保の担当者など。

Anちゃんは、会場設営にも、反省会にも参加

そして、約100名の参加者(法人会の会員さま=社長やその奥方)にまぎれてのお食事会

実は、HITSも豊島法人会の会員になってる (^_^;) ので、会費を払って参加させて頂きました。

井上先生のレシピによる美味しくてヘルシーなディナーを クルーズ・クルーズ のシェフが3時間半に及ぶ打合わせを経て、当日提供してくれました。

本当に、美味しくて・・

で、生まれて初めてのお肉に遭遇~

カンガルー  

Afuu_1召し上がったこと、ありますか?

同じテーブルの社長さん達も、初めて とおっしゃってましたから、まだ珍しいのかも。

メニューは、「カンガルー肉のたたき風」となってました。

う~ん、いのしし?より、やわらかい・・かな

美味しくて、ローカロリー、井上先生 イチオシのお肉 だそうです。

お食事の前には、あたかも「おもいっきりテレビ」のような、観客も強制参加の講義があったのですが、

-----

面白いので一部引用させて頂きます。

刃モノなしでも夫は殺せます。亭主を早死させる十カ条

1 ご主人を うんと太らせましょう

2 お酒を しこたま飲ませましょう

3  お砂糖、お菓子は無制限

4 いつも座っていただいて、運動不足にさせましょう

5 動物性脂肪をタップリと使いましょう

6 塩からい食べ物に慣れさせましょう

7 コーヒーを何杯でもすすめましょう

8 タバコをどんどんすすめましょう

9 夜ふかし、たくさんさせましょう

10 休暇やバカンスなど、もってのほか

そして最後の仕上げに、一日中文句を言って、いじめましょう。そうしたらあなたは素敵なメリーウィドー、自由気ままに暮らせます! (^^♪

だ、そうですョ。。怖いナ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 3日 (火)

法務局にて

やっと昨日、行って来ました法務局

会社設立後1年経って、「役員重任・本店移転」の登記に

それにしても笑ってしまうのが

法人登記の窓口男性(50才代)が覚えてるんですね~、Anちゃんのこと

An 「1年半ほど前に設立登記をした際には、お世話になりました。この度、本店を 川越→東京都豊島区へ移転することになりまして・・・」と言うと

窓 「あ~残念です。モチロン覚えてますよ~」

そうですよねー、東京に移転しちゃうと川越の法務局に印鑑証明とりに行く事も無くなってしまうんですねー(少し感傷・・)。女性で川越あたりで自分でノコノコ出向いてきて法人設立登記をする人って珍しいもんね。

しかしAnちゃん、雨が止むのを待って自転車で行ったので(田んぼの中にあるんです)、法務局にたどり着いたのは午後3時半・・

---

何としても、一回で全部の手続きを完了させたい

窓口応対時間は、午後5時までー

株主総会議事録やら取締役会議事録やら登記事項変更申請書など、ワサワサと作って出向きましたが、もちろーん ダメ出しされます。一語一句完璧じゃないと受付けてくれません。そして、OCR用紙に必要事項の印字を全項目、求められます。悪いけど、これって法務局職員がすればいいんじゃないの?と思うのですが・・

そこで、

「ノートPC」と「プリンター」「ケーブル類」「紙」を ぜ~んぶ持ち込んで、

法務局のエレベーター前にあった机とコンセントを借りて、1時間ガシャガシャやって作りました。 (~_~;)  すごいでしょ

---

ふ、ふ、ふ

そして、再度窓口へ

再度OCR用紙の追記印字を求められ

あぁ、もう  5時10分前・・

 「とにかく、5時までに受付しなければならないので、OCR印字は後でいいですから、向こうの窓口で収入印紙を大至急買ってきて下さい」

An 「はいッ」と、7万円分の印紙を買う (=_=) (高いよ~)

---

かくして、温情あふれる窓口男性(50才代)のお陰で、5時20分無事完了

 「相変わらず、仕事はやいですね~~」 (^ム^)

An 「あ、いぇ、いつもスミマセン・・」

 「あのー、もし、書類に不備が有りましたらご連絡差し上げますので、その際はご協力願います」

An 「モチロン、すぐ来ます」

 「あ~、そう言って頂けると助かります。最近面倒な方も多くて、逆切れされたりするんです。僕も、ちょっと スネてるんですョ・・・」  (ー_ー)!!

----

頑張って、オジサマ

もう少しで、ハッピーリタイア ♪  なのですからー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »