« ボーリングのピン | トップページ | 豪華な花火大会 »

2006年7月28日 (金)

某都銀のATMにて

今朝、振込みをする為に、自分やHITSの口座がある某都銀のATMへ寄る。

も~全然 用事が足せないではないか!

ATMにキャッシュカードやら通帳やら入れて、暗証NO入力してる「本人」なのに。

振り込め詐欺対策の為に1日に振込み出来る金額の上限を 300万円→100万円へ。

1日に引き出し出来る現金は、300万円→50万円 に、引き下げていた。。

ひどい、ひどい。

例えば、350万円振り込みする場合、4日に分けて、毎回振込み手数料を負担して、振り込むんです。1回の振込み手数料を420円とすると、4回の計は1,680円ですよ。同銀行間で1回210円でも、840円。

これを回避する為には、

まず、窓口のある店舗を探し、窓口の開いている時間に行き、本人確認資料(写真つき)と届出印・通帳を持って払出し用紙・振込み用紙を書き、じっと待ち、、振込みの場合は、確か840円という高い手数料を払うんです。通帳と印鑑を持って歩き廻るのは、かなり危ないのではないか・・。こちらは、か弱い女性なのである。

―--Anちゃんは、この件について質問してみた。

「個人のお口座については、生体認証ICキャッシュカードに移行してください。そうすれば、現金引き出し、お振込みともに1日合計1000万円まで大丈夫です。」

法人口座は?

「対応してません。」

―--

これの正しい答えは、

「法人様については、パソコンで振込み出来るWEBサービスの導入をお勧めしております。振込み上限を大きく設定できますし、セキュリティーも万全です・・?」じゃないの!?と、思いましたが、パートの女性を責めてもしかたがない。

この、WEBサービスのランニングコストは、月/2100円。毎回の振込み手数料もATMのそれより、高い。そして・・現金払出しは、やはりATMか窓口へGO、なのです。

どう思います??

ちなみに今朝、Anちゃんがしたかったことは、HITSの口座から個人の口座にお金を動かしたかった・・ただそれだけなのに・・

|

« ボーリングのピン | トップページ | 豪華な花火大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110054/11106565

この記事へのトラックバック一覧です: 某都銀のATMにて:

« ボーリングのピン | トップページ | 豪華な花火大会 »