« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月28日 (金)

某都銀のATMにて

今朝、振込みをする為に、自分やHITSの口座がある某都銀のATMへ寄る。

も~全然 用事が足せないではないか!

ATMにキャッシュカードやら通帳やら入れて、暗証NO入力してる「本人」なのに。

振り込め詐欺対策の為に1日に振込み出来る金額の上限を 300万円→100万円へ。

1日に引き出し出来る現金は、300万円→50万円 に、引き下げていた。。

ひどい、ひどい。

例えば、350万円振り込みする場合、4日に分けて、毎回振込み手数料を負担して、振り込むんです。1回の振込み手数料を420円とすると、4回の計は1,680円ですよ。同銀行間で1回210円でも、840円。

これを回避する為には、

まず、窓口のある店舗を探し、窓口の開いている時間に行き、本人確認資料(写真つき)と届出印・通帳を持って払出し用紙・振込み用紙を書き、じっと待ち、、振込みの場合は、確か840円という高い手数料を払うんです。通帳と印鑑を持って歩き廻るのは、かなり危ないのではないか・・。こちらは、か弱い女性なのである。

―--Anちゃんは、この件について質問してみた。

「個人のお口座については、生体認証ICキャッシュカードに移行してください。そうすれば、現金引き出し、お振込みともに1日合計1000万円まで大丈夫です。」

法人口座は?

「対応してません。」

―--

これの正しい答えは、

「法人様については、パソコンで振込み出来るWEBサービスの導入をお勧めしております。振込み上限を大きく設定できますし、セキュリティーも万全です・・?」じゃないの!?と、思いましたが、パートの女性を責めてもしかたがない。

この、WEBサービスのランニングコストは、月/2100円。毎回の振込み手数料もATMのそれより、高い。そして・・現金払出しは、やはりATMか窓口へGO、なのです。

どう思います??

ちなみに今朝、Anちゃんがしたかったことは、HITSの口座から個人の口座にお金を動かしたかった・・ただそれだけなのに・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

ボーリングのピン

Iii_1 これ、オモシロイのでパチリ。 (^o^)/

ボーリング場で発見したイス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月26日 (水)

夏の400時間とは

我が家の受験生(中3)キューティーP。彼女はこのブログの愛読者なので、「消して」と言われたら、この記事消しますので事情お含みください。

で、このキューティーP、小学校ではまぁまぁだったらしいのですが、中学で部活と遊び(カラオケ等)に忙しく、最近まで全く勉強しなかった。

6月の部活卒業を機に、別人のように「受験モード」に入った。

でね、

塾の指令で「夏の400時間」を完遂するそうです。

夏休みは40日。1日10時間勉強する。40×10=400なので、「夏の400時間」。

そんな~~

「疲れるから、ほどほどにしなよ」と言うと「そんなこと言う親はいない。子供を甘やかしちゃダメ。」なんて言うんです。洗脳されてるな~

熱いんですよねー。

-----

これって、悪いけど塾の都合入ってます。

ご存知のように、大手塾は○○高校○○人合格!という実績を毎年競い合って、新入生獲得材料にしています。実際に進学した数ではなく、合格した数。

しかし、少子化・ゆとり教育・二極分化(学力も親の経済状態も)

そんなひずみの影響をもろに受けて、周囲にあおられる子供達がかわいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

寄せられる相談事とHITS誕生秘話

生命保険営業という仕事がら、様々なお客様から「えっ」と思う相談事を突然される。

多少のことでは驚かないのである。

初級者編--

「結婚相手になりそうな人を紹介してほしい」→う~ん

「イベントの人数が足りないので、集めてほしい」→趣旨をよく聞いて対応

中級者編--

「家族への不満」「従業員への不満」→話しはきちんと聴くが、決して言われている本人の前で顔に出さない。話し半分で聴く、次回に持ち越さない。

「彼女のプレゼントを選んでほしい」→ラッピング・カード・文面まで懇切丁寧に面倒をみる

「悩み事相談」軽いものから、重いものまで→これは、得意です。どんな内容でも、どんな年代の方にも柔軟に対応出来ます。話すだけで、心が軽くなることも多いですよね。解決するようなものであれば、きっちりフォローして、見届けます。

番外編--

Anちゃんが今までで一番びっくりした相談

ご無沙汰していたお客様(30代後半)から、3年ぶり位でTELがあり

「お休みの日で恐縮なのですが、日曜日に新宿で3時間程時間をいただけませんか・・。実は、よくあたるという若い女性の占い師さんがいらっしゃって、その方が女性もしくは、女性と同伴の男性しかみてくれないというものですから・・。内容が内容なので(なんのこっちゃ)、こういうことを頼める人、と考えたら按田さんしか浮かびませんでした。大変申し訳なく思いますので、小口の積み立てにでも入りますから・・(いいよ、別に)」

このお話しはかれこれ5年前のこと。

で、順番にみてもらいました。

悩み事のないAnちゃん。「この先、どうなんでしょう」というような無責任な質問を投げかけました。すると、、、予想外なことを・・「あなたは、現在の仕事が天職ですし、今後も無理せず成功するでしょう。しかし、、(しかし?)   40才のあなたは、非常に目上の男性の引き立てにあい、今と全く違う立場で、今と同じような仕事をしているでしょう。で、これによりあなたはよりいっそう成功しますし、それがあなたの最終的な姿なんです。」

何の心当たりもなかったAnちゃん。(はずれ~、と思いました)

が、ナント

当時は本人すら予測も希望もしていなかった、占い師さんのおっしゃるとおりの姿になっていたんですよ~~~

この占い師さんとお会いして約1年後、規制緩和により要件を満たせば何社でも扱える乗合保険代理店が認められた。そこから1年後、MDRTの会員資格をとれたAnちゃんは、保険会社の垣根を取っ払って世界中のトップセールスが集まるその会(の日本大会)で、あれれ、もう時代は変わりつつあるぞと認識。そこから、情報収集を開始して、1年後会社を創り、乗合保険代理店を開業!

で、ここでキーパーソンとなる「非常に目上の男性」。これについて、その時、占い師さんに「誰なのか」質問したところ、「まだあなたの目の前に現れていません。が、その人の言うことに迷わず従いなさい。」

それがね、現われたんですよ。意外なかたちで。

3年ほど前のある朝

定例訪問している一代で財を成した社長のところ。いつもは、アポ無しで行くのですが、何だかその日は張り切ってアポをとった。で、まだ自分の中で決定していなかった「保険代理店の道を考えている」ことを うかつに口にした。大切なお客様に無責任なことは言えないので、いつものAnちゃんなら、そんなこと言わない。

そうしたら、その社長

「おっ、それなら、うちでずっとみて貰っている占い師さんがいるから、すぐ呼んであげる。少し包んでね」と、あわてて「おいくらくらい包んだら・・?」「3万円でいいよ」何とか間に合ったのでホッ。

で、ご登場~~

眼光の鋭い80歳代の男性。

何でも、政治家やスポーツ界、大企業の重役からも相談受けてるとか・・(大変申し訳ありませんが、私が皆さんにこの方を紹介することは出来ません)

墨をすり、サラサラと筆を動かし、私の名前などを書き

「今すぐ、行動に移しなさい。あなたは創業者のホシで、保険営業は天職。持って生まれたものです。大金持ちになりますよ。」

というわけで、その日のうちに考えをまとめ、次の日には行動に移したAnちゃん。

で、その日から6ヶ月後には、開業してました。

それから先も、方位や日付や人。あらゆることで、その「非常に目上の男性」占い師さんに、相談させて頂いてます。

これは、内緒話なんですが、前述の社長、この占い師さんの何だか意味不明のアドバイスに従ってみたら、宝くじ当たったんですよ。億。

---というわけで、不思議なお話しでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

板橋区議候補予定者の事務所開き

昨日は、楽しい日曜日の夕方だというのに、板橋区議会議員候補予定者である、30才行政書士の事務所開きに出かけました。

あ、でもこれ、行ってよかった。楽しめました。

非日常的な熱気に、刺激も受けました。

現職の議員さんも、何人か応援にいらしてて

いつも街頭や朝の駅前で聞こえてくるお話とは 雰囲気がちがっていて楽しめました。

HITS役員の弁護士髙林氏が、候補予定者の先輩という訳で、Anちゃんも頭数に。

議員さん達のあと、応援スピーチする髙林氏(写真)

先輩Pppp_1 議員さん曰く、選挙は戦略だそうです。

で、さぞやすごい戦略?と思いきや

新人で、地盤もない候補者の場合、足で稼ぐ!→自分の選挙区で当選するには、何票必要か確認→投票日まで何日あるのか→では1日あたり何軒のお宅にピンポン訪問すればよいか→朝の駅前では1日何人にビラをまけばよいのか→地域住民の会合や集会に何回顔を出すのか 

というような、泥くさい戦略なのです。

そうそう、行政書士さんらしい戦略がありました。

-----

【弁護士・行政書士による無料相談会】

お金のトラブル、借金苦、離婚、遺言・相続、クーリングオフ、振り込め詐欺、悪徳リフォーム、詐欺、土地・建物問題、耐震強度偽装など

無料相談を受付けます。

(※ここでいう弁護士は髙林氏、行政書士は候補予定者です)

-----

とのことです。

なお

板橋区在住以外の方は、

HITS経由で、弁護士髙林氏による30分無料相談を いつでも受付けております。日常でのちょっとしたトラブル・お困りごと、お気軽にご相談ください。

守秘義務尊守しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

ロボコンって

3連休はいかがでしたか。

最終日はあいにくの大雨。気温は下がってウレシイのですが、お出かけ先から戻るのもひと苦労だったのでは。

17日(月)海の日、朝のNHKで、ロボットコンテスト(アジア大会の日本予選)をやっていましたが、ご覧になった方、いらっしゃいますか?

Robo_1 

我家のメンバーAnちゃん、キューティP、BABAは、本来だとまったく興味が無いのですが、

「6月にNHKの収録があって、東京に来てたらしい」 「海の日だと思うんだけど、祝日にテレビに一瞬映るかも・・と言っていた」というような、あいまいな情報をもとに

「トゲネズミが、映るかも!」

という訳で、辛抱して1時間テレビ観てました。

いた。

応援席で「うお~」と喜んでました。

○○工業大学1年生のトゲネズミくん、今年は作品の外装・大道具担当だったそうです。

来年は、ロボットの頭脳部分に少しは関われるのかな・・。

いずれにせよ、「夢工房(こういうロボット製作サークルのこと)が忙しいから、3年になるまで、帰れないと思う」「誕生日のプレゼントだけは、毎年送ってくれ」と言ってたな~。

すっかり、真面目にやっている様子なのです。

ロボコン興味のある方、公式サイトこちらです。

        ↓

http://www.official-robocon.com/jp/daigaku/daigaku2006/officialentry.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月13日 (木)

暑い

それにしても、暑いですね。

皆様お元気でしょうか。少し外を歩くだけでクラクラします。真面目な営業職Anちゃんには、過酷な日々です。この蒸し暑さもあと2、3日で一息とか・・。

顔に汗をかいてはいけない!プロ失格!なんて、昨年あたりまでこだわっていたのですが、今年は、汗かくんですよね~、顔。更年期始まった!?

調べてみますと、更年期、最近は45歳くらいで始まる方も多いんですね・・。

人生前倒し気味のAnちゃんですから、イタシカタないのかも。

こんなに厳しい暑さの中、今週末の3連休、家族サービスされる方、熱中症にご注意!

Anちゃんは、山の中でゴルフの予定です。

早朝4時台からのスループレー、初めての体験でワクワク。日は昇っているんでしょうか。

低血圧で朝はダメと言いつつ、ゴルフと空港だけは遅刻したこと無し。あんまり自慢になっていませんね。

話しは飛びますが、「神田うのさん」の公式サイトを拝見してたら

うわっ、Anちゃんも頑張るぞ!と思いました。

アドレスこちらです →http://www.spacecraft.co.jp/uno/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

もったいない法人

あちこちの中小企業に伺って、色々なタイプの経営者とお目に掛かって、事情がわかってくると

「うぁー、もったいないな~」 と思うことがとても多いものです。

法人契約の生命保険に出来ることは、

企業の財務強化だったり、オーナー社長の相続対策だったり、社長や役員の退職金準備、従業員の退職金準備、後継者へのバトンタッチに伴う自社株の移転資金準備、

社長や役員、従業員の入院や死亡時の保障という保険らしいもの、他もろもろです。

こんな方、まわりにいらっしゃいませんか。

急に相続が発生し、相続税を払う為に、遺族が土地を売る。

これが、オーナー社長だと、事業用の不動産や自社株を後継者以外に売りとばすわけにはいかないので、一大事なんです。

と、いうことで

―― 以下は、よくあるパターン ――

①社長や経理が目先の実務に追われていて、大きな対策をとっていない→例えば、決算月に財務強化対策をせず、多額の法人税の支払い原資に困る。木じゃなく森を見ましょう。

②法人税も所得税も頻繁に税制が変わっているのに、情報収集をしていない→タイムリーな対策をとっていないため、納税額が多く、現金が手元にあまり残らない。人の話も聞いてみましょう。

③顧問税理士にまかせっきり→積極的に勉強して、税の軽減を提案する顧問税理士はほとんどいません。たいがいは、社長に税の軽減案を考えてほしいと言われてから少し動く。動いてくれない方も多い。

④「保険はたくさん入っているから、これ以上は無理」と思い込む→目的に対し最も効果的な方法で加入しているか時々確認しておかなければ、まさに無駄金になってしまう。法人向け商品もどんどん進化してるんです。

ねっ、もったいないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »