« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月28日 (水)

お土産を頂く営業

200606281122000 

昨日も午後蒸し暑い中、汗を流して法人会加入企業さんに飛び込みー。暑いです、本当に・・。

Anちゃんのところも法人会に泣く泣く、いえ積極的に加入しました。

で、これが割と仲間意識を持って頂ける2代目が多くてやりやすいのです。「こんな行事がありましてねー」など。

まずは事務所近くをまわっているため、信金のお兄さんになった気分。ちょっと新鮮。

昨日は、初めてお会いしたおじ様(先日まで社長)に麦茶を頂き、お土産にお菓子もらっちゃいました。次回は・・。ありがたいことです。

それにしても、皆さん、「相続対策」しないと大変だろうなー。

相続税額を具体的に数字で見るとゾットされるだろうなー。

順番にご提案してまわります。

今日も暑そう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

社長の奥様

中小法人に営業させていただく中で、「社長の奥様」の存在は悩ましい。

どうしても社長室で話すことが多く、何年ものお付き合いになり、ご契約を少しずつ頂くようになると、社長とは楽ちんナ関係になるが、ここで難しいのが、「社長の奥様」である。

今週ハードワークだったAnちゃん。とある、「難攻不落の社長の奥様」とぐっと親密になれて、すごく達成感ありました。

これがもう、8年通っている中小法人で、ご契約もモチロン頂いてますが、とにかく奥様に愛想が無い。挨拶しても返事も無かったり。

誰に対しても同じように、愛想が無い。

たまたまその奥様の加入したい商品をフラッとお勧めしてみたAnちゃん。

商品説明やら書類記入で、さっと終わるはずが、二人っきりで延べ3時間・・。

これはたぶん奇跡的な数字です。

何か急に電波受信エリアに入ったかのように、しゃべるは、しゃべるは!Anちゃんじゃなくて奥様がですよ。

お話しを伺ってみないと解らないことって山ほどありますよね。

実に充実した時間となりました。こんな時、この仕事って本当にいいな~と思います。

裸一貫から会社を成長させた創業社長とその奥様の関係は、色んなパターンがありますよね。一緒に頑張ってきた対等型、奥様が影で支える夫唱婦随型、奥様が母親のような型、奥様がまったく会社に興味のない型、奥様をないがしろにする型・・など。実際には、これらに子供も混ざり多種多様です。

財を成しても、幸せだったりそうでもなかったり、人間は悩ましいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グラフが伸びた

ようやく週末ですね、皆様お疲れ様です。

今週は、保険営業に走り回っていたAnちゃん。蒸し暑かったり、大雨にあたったりで見苦しい姿だったかも知れません。

88

壁のグラフも右側の青テープ法人契約をバシバシ貼らせて頂きました。ちなみにこの青テープの長さは左側の金テープ個人契約とは、目盛りが一桁違います。といっても種々事情により、何だかよく解らないように作ってあるのですが・・。

この6月は、HITSの 下期スタート月だったので、頑張りました。

お客様の皆様、本当にありがとうございます。

手抜き無しに、真面目に提案させて頂いていますので、どうぞ末永くお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

グラフを作って楽しむ

Iu 壁にでかでかと販売実績グラフを張るのは嫌いだったのですが、やっぱり、パッと見てわかるようにすると、何だかワクワクして楽しいのです。

4月は、赤いお花がついているのに、5月は花が無い。ボヤボヤしていられませんワ、6月は全力疾走!などど、十分楽しめます。

でも、このグラフちょっと工夫してあります。Anちゃんのところは7社の保険商品を扱っているのですが、このグラフを見てもいったいどこの会社の商品をいくら販売したのか、さっぱり解らないようになっています。

その訳は、7社の担当者がAnちゃんの事務所に来るからなんです。

フフフ、HITS 2年目、ガンガン飛ばします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

製造業の社長っていいな

最近(実はまだ3回目)、法人会加入企業に飛び込み営業しているAnちゃん。といっても時間の確保がなかなか出来ず、今月から本腰入れるぞーと思ってます。

これ、やっぱり楽しいですよ。

駒込という場所柄、ここでご商売されている方は、基本的にお金持ちで品がある。こてこて した方にはあまりお会いしませんね。

小さめの会社だと、社長にお目に掛かれることもわりと多く、雑談もまた楽し。やっぱり、向いてるな、これ、と確信しております。

団塊以上世代との対応力を鍛えておいて良かったです。

創業社長は、熱くて実直で素敵ですよね。

特に、製造業の社長さんが好きですね。「日本の会社の原点はモノ作りである。最近のベンチャー企業はモノ作りをする会社が少ない。」本当にその通りですよね。

汗を流して、知恵を絞って、コスト意識を持って、いい仕事をしなければ。

Anちゃんも実直にがんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金)

未だに慣れないこと

Anちゃんは、営業職としては以外に素人っぽいところがある。

「初々しい」などとあつかましいことは言いませんが、

自分の名前の入っているものがお客様の先にあると、

ギョットするのです!

Ka

例えば、この 「かめ蔵くん卓上カレンダー」

Anちゃんの名前まで印刷してあり、年末にお届けしてまわったものですが

これを ちょっした社長室のピカピカに磨かれた、サイドボードの上の硝子のオブジェの横なんかに発見すると、Anちゃんは、それを話題にすることも出来ず・・  困る・・照れる。

いいんだろうか、こんなところにあって・・

ホントなんですから。

お客様に名前を覚えてもらうのが仕事のはずなのに、新人の頃は、自分の名前が書いてあるゴム印をサービス品に押すのもためらわれたものです。

名刺を置いてくるのも辛かった。

自意識過剰なんですかね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

HITS役員の存在

Anちゃんはミニ経営者として、悩んだり判断したり決断したりの毎日なのです。

経営上のことを専業主婦、パート主婦の友達に言ってみても「はぁ?」ですし、会社員ともまるで反対の立場なんですよねー。お世話になっている社長方も業界が違えばなかなか説明しにくいこともあり・・。

そんな時 HITSの役員2名の存在が とてもありがたい。

役員だから共に経営して当たり前と思われるかもしれませんが、小さい会社の役員は家族だったり、名前を借りただけの友人だったりというのが普通で、たいがいの社長は実質一人で経営されています。

HITSの役員は、

税理士と弁護士で 2名とも30歳代前半である。

それぞれ実務家であるから、手厳しい意見をバシッと言ってくれる ありがたい存在なのです。

また、生命保険商品を扱っている以上、税務や相続のことも仕事上密接で、恵まれた環境いるな~といつも感謝しております。はい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

心を打たれる瞬間

仕事をしている中で、ふと 「あ~これこれ、今のこの瞬間、これ、いいなー」と、一人しみじみ感じ入ることがあります。

この瞬間があるから、次々とたくさんの人と関わっていけるかもしれません。

それは、相手の本当の気持ちが そのままの飾らない言葉で ふっと投げかけられた時・・。

「心配」だったり「不安」だったり「解らないので教えてほしい」だったり「家族をこんなに大切に思っている」だったり、時には「怒り」だったり、「つらいこと」や「悲しいこと」とか。

誰だって自分のことを解ってほしいし、居心地の良い関係を築きたいんですよね。

生命保険営業・保険代理店経営は、色々な人と関わります。幼児からお年寄りまで、出入りの担当者や同業他社など利害のある人。

お客様ともそうですが、その他の人々とも出来るだけ本音で等身大で関わっていきたいといつも思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

中学校の体育祭で綱引き

11 昨日は、キューティーPちゃんの中学校の体育祭。

PTAの参加種目の「綱引き」に役員だったこともあり、Anちゃん出場ー。

4回も綱を引きまくり、みごと 優勝!

優勝チームは生徒側の優勝チームとひと勝負!ということで、

あれれ、生徒側優勝チームは、我家のキューティーPちゃんのいる3年2組!

キューティーPのキッとした視線にキッと睨み返し・・。また、綱を引きまくりです。。

まぁ結果は1勝1敗でしたが、、帰宅後

「まったく、おとなげないなー。中学生相手に本気で引っ張ってー」とみんなで言いながら綱引いてたんだーー  (-_-メ)

あまり気温が上がらず助かりました。

なぜなら、PTAのお母さん達と一日仲良くビニールシートに座って、学校の話しや子供や子育ての話をしながら、体育祭観戦をしなければならなかったから。

生徒はお昼を校舎内で食べるのですが、PTAは外。

40才代のお母さん達が、青いビニールシートに円く座って「いただきまーす」などと言い、お弁当を食べる図・・あまりないですよね。

Anちゃんはこんな時、結構勉強になるんですよね~。

専業主婦やパート主婦が普段どんなことを考えているのか。

Anちゃんの住む埼玉県川越市あたりは、専業主婦が多いです。ここで9年間PTA活動してますが、子供に密着している母親が多いな~とすごく感じます。また、学年が進んで中学生になっても、まるで小学校低学年にするような関わり方をしている母親が多数。子供の交友関係はもちろん、学校の行事・部活や大会練習試合の日程や内容・クラス内の出来事・先生の評判、よその子の成績や部活での力量、通っている塾。まぁ、自分が当事者であるかのごとく何でも知っている。いつでも、新鮮に驚かされます。

「今日もビックリしたよー」と、帰宅後BABAに言うと

「ウチはねー、ものすごく子供に冷たい家庭だろうね~」とさらりと言われ

そうだよな~

そういえば、集団登校のお見送りも小学校6年生までよそのお母さん達は毎朝来てたよなー。ウチはキューティPの小学校1年生の3日目から「すぐそこなんだから一人で行けばー」って感じだったけど、さすがに他のお母さんの手前、BABAが毎朝行ってくれたもんね。

でも、あんな状態で子離れ出来るんだろうか。

高3男子を持つ、ごく標準的な明るいお母さんに言われて印象的だったこと。我家のトゲネズミくんが金沢に行ったと聞いて

「時々帰って来るんですか?」「いえいえ」「さみしくないですか?」「ぜんぜんですねー」

「子離れ出来ているんですねーー、私なんかとてもお兄ちゃんを遠くにやれない」「・・・」

下の女の子が現在中2。ウチのキューティーPが中3なので、「中3になったらどんなカバンで登校すればいいの?修学旅行のコートは、カバンは、スカート丈は、ソックスは??」「子供が自分で考えるんじゃないですか。。」と、やんわり言ってみた。

子供に過干渉型の親は、いつどのタイミングで子離れ出来るのでしょうか。

昨今のなかなか自立できない、結婚しても親依存の元凶は、小中学生くらいから、とっくに始まっているんでしょうね。

ゆとり教育で学力も低下、ますます公立学校に厳しさがなくなってきましたよね。先生も体罰やセクハラと言われるのでにビクビクして威厳もなく、PTAは子に干渉しすぎで学校に対してもウルサイ。

何だかおかしな時代です。PTAに行くといつもそう思いますが、皆さんはいかがですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

青山フラワーマーケットでシャクヤクを買う

5d1f001a_1 青山フラワーマーケット南青山本店が表参道の交差点に出来てました。広くてお花がたくさんで、散歩しごたえありますよー。ぜひ、出掛けてみてください。

シャクヤクが2本500円だったので、6本購入。ずっしり重い花束を自宅まで持ち帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »