« 焼き芋に足をとめる | トップページ | ジェネリック医薬品 »

2006年3月27日 (月)

合格点クリアのKくん

Anちゃんは、乗合保険代理店の店主である。ということで、取扱っている保険会社の各営業担当者としては、「よその会社のじゃなくて、ウチの商品を売ってよ~」ということになる。

が、しかし、Anちゃんは、個々のお客様の「健康状態」や「保険に求めるもの」に応じて、その都度、保険会社や商品構成を 公正に考えている。

今まで、人に営業されることが無かったので、現在の立場は勉強になることが多い。

現在 7社扱っているので、営業担当者も7人いる。これがまた、オモシロいんですよねー イロイロで。

非難めいたことは書きたくないので、いい話し・・

Anちゃん自身の営業パーソンとしてのポリシーは、

「当たり前のことをきちんとする。」

「出来れば、相手の期待値以上のことをする。」

いたってシンプルですが、こんなところでしょうか。

しかしこれが、逆の立場にまわってみると、「よっ合格点!」と思える営業担当ってなかなかいないものですよー。「あれれ、こんなものですか」、でもまぁ よその会社の人だから、ガツンガツン言うわけにもいかず。

営業ってね、相手に何かしらの感動を与えないとねー。

「おっ、やられちゃったな」

「やるな、こいつ」 「ここまでやってくれるとは」

営業の基本は、「相手が何を考えているのか」「何が問題なのか」「ではどうすれば良いのか」「自社の商品では相手の求めるものに合致しない、では、何をどう提案し付加価値つきの自社商品を選んでいただくのか」それを的確に判断して、端的に説明し、納得してもらうのが営業マンの存在意義だと思うのですが。

そして、先回りしてグルグル考え、答えを用意しておいて欲しいんですよね。

突拍子も無い質問はしないのですから。

まぁ、そんなこんなで、何回やっても 「Kくん合格」

Anちゃんも、Kくんに負けないようにがんばろーっと!

|

« 焼き芋に足をとめる | トップページ | ジェネリック医薬品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110054/9290172

この記事へのトラックバック一覧です: 合格点クリアのKくん:

« 焼き芋に足をとめる | トップページ | ジェネリック医薬品 »